PPAP

ピコ太郎の正体(?)の小坂大魔王ってどんな人?

Youtubeに投稿されている「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の再生回数が今では8千万回を越えビルボードソングチャートで最短時間の曲でチャートインしたことがギネス認定もされ流行語大賞や紅白出場も可能ではとささやかれる程、一躍話題のピコ太郎さん。

このピコ太郎は、芸人兼DJとして活動としている小坂大魔王という人物がプロデュースしたとされているが、
実際は、ピコ太郎の正体こそが小坂大魔王、つまり同一人物なのである。驚きですね・・・

その小坂大魔王は実は芸歴が非常に長く、くりぃむしちゅーの上田が同期で底抜けAIR-LINEという芸名で活動していました。
1990年代から放映されていたバラエティ番組ボキャブラ天国にかつて出演していたことも芸歴の長さを物語っていますね。

そんなピコ太郎は先日、ミュージックステーションに初出演!
出演順は最後で、大トリをつとめたことも話題の証です。
司会のタモリさんには、昔からとにかくうるさかった、滑っているなどと揶揄されていたものの、エンディングトークではタモリさんの口からは「面白かった」という言葉も聞け、案外ピコ太郎を気に入っていたのは?と思います。ピコ太郎というキャラクター以上に、小坂大魔王さんの愛されている人柄が垣間見えました。

一発屋とも言われ、そのような印象を持つ人が多いのも分かりますが、実は太田光や土田晃之などのボキャブラ世代の関東芸人たちからは面白いと評判なのであります。

今後ピコ太郎が世間から飽きられてしまっても、小坂大魔王としての活動を世にぜひ広めっていってくれるでしょう。

2017年はピコ太郎(小坂大魔王)さんがどのような活躍をしていくのか、動向が非常に楽しみな1年になりそうです。

ピコ太郎に変身!衣装・コスプレセット

ピコ太郎に変身!衣装・コスプレセット

ピコ太郎変身フルセット